女性が賃貸を探すときのおすすめ方法

女性が住みやすい賃貸物件の現状

女性は1人暮らしか同性の同居人がいるかに関わらず、一般的な物件と異なり、選ぶ上で様々な注意点があります。女性が住みやすい物件はさほど多いとは言えず、最寄り駅との距離や間取りなどにこだわりすぎると、プライバシーやセキュリティの面で不便を感じるかもしれません。もっとも、女性だけのシェアハウスなど、若年層の女性なら快適に暮らせる物件も増えています。複数の女性が同居するパターンは、男性の場合より賃貸人に好まれる傾向も見られます。

また、1人暮らしの寂しさを埋めるためにペットを飼いたいという女性も多く、ペットを飼っている女性専用の物件も現れました。このような物件は都市部に多いため、女性が選びやすい賃貸物件は都市部に集中すると言えるでしょう。

女性が賃貸物件を探す際のおすすめポイント

女性が賃貸物件を探す場合、まずセキュリティ面を重視しなければなりません。可能なら1階の物件を避け、2階以上の部屋を選びましょう。共用エントランスにはオートロックや防犯カメラが設置されていると安心です。また、宅配ボックスもあれば、居宅まで宅配便業者が訪れることなく荷物を受け取れることから、見知らぬ人と接触する機会を減らせます。それから、単身者向けではなく、ファミリー向けの物件の方が隣室の住人に男性の単身者がおらず安全でしょう。中には、数少ないものの、女性に限定した単身者用賃貸住宅もあります。

こうした女性向けの物件に特化した不動産屋もあり、女性が安心して住めることを条件にして不動産屋に相談すると、女性居住者に好評の物件を紹介してくれます。