女性が安全に暮らせるための賃貸物件とは?

治安の良いエリアにある防犯設備の整った物件

賃貸物件を探す時、セキュリティレベルは重要なチェック項目となります。特に単身女性の住まい探しなら、尚更でしょう。入居後、安心して暮らすためには、まず治安の良いエリアを選ぶことが大切です。警視庁で公開する「犯罪情報マップ」を参考にすれば、不審者の出没しやすい地域や、過去の犯罪情報を確認できます。更に現地に赴いて、夜間の人通りや街灯の数も、チェックしておきたいところです。自宅まで歩く距離が短い方が安心なので、できる限り駅から近い物件を選びましょう。

建物の設備面に関しては、防犯カメラや、モニター付きインターフォンのある物件がおすすめです。防犯カメラはエレベーターやエントランスなど、何カ所にも設置している方が望ましいのですが、中にはダミーカメラを付けているだけのケースもあります。その点については、予め不動産業者に質問しておきましょう。

オートロック付き物件は、本当におすすめか?

一人暮らしの女性の間で人気が高いのが、オートロック付きの物件でしょう。こうした物件なら、部外者はエントランスより先に侵入できないため、安心感が得られます。更に最近はエントランスだけでなく、各階にオートロックを設置したり、虹彩認証や指紋認証といった高度なシステムを採用した物件も出てきました。しかしこうしたオートロック機能も、決して万全な訳ではありません。むしろこの機能が付いていることで、入居者に油断が生じ、防犯意識が低くなる可能性さえあります。逆にオートロック機能のない住宅でも、ディンプルキーや後付け電子錠を導入することで、防犯性を高めることも可能です。他にも窓に補助錠を取り付けたり、管理人の常駐している物件を選べば、更に安心でしょう。